注文住宅の相場

注文住宅を購入するための予算が気になるかと思います。費用は、地域や広さ、設計などによって違いますが、少しのコツを知ることで抑えられることもあります。

ここでは、「地域別の建設費の相場」「予算の決め方」「費用を抑えるコツ」を解説します。

建設費も地域によってこんな違いが!地域別の建設費相場を紹介

住宅金融支援機構フラット35利用者調査(2018年度)では、全国およびエリア別の平均的な住宅面積や建築に用意した資金の平均額が発表されています。
全国は、住宅面積平均:126.8平方メートル、資金額平均;3,390万円でした。
※参照元:https://www.jhf.go.jp/about/research/loan_flat35.html

  • 首都圏:125.3平方メートル/ 3,687万円
  • 近畿圏:127.5平方メートル/ 3,489万円
  • 東海圏:128.1平方メートル/ 3,454万円
  • その他:127平方メートル/ 3,224万円

首都圏は土地面積が狭く、建設費用が高い。地方になるほど、建設費は安くなる傾向があります。地域によって、土地の価格が違うだけではなく、建設費も違うことに注目です。注文住宅の建設費は3,000万円以上が目安になりそうです。

大切な「資金計画」頭金と住宅ローンから考える予算の決め方

注文住宅を建てるときは、資金計画が重要です。予算を考えるときのポイントは、頭金と住宅ローン。それぞれの視点で計算していきましょう。
頭金は、家を建てるときの総額に対して10%~20%以上にすると良いと言われています。そのため、現在の貯蓄額から引越し費用、家具の購入代金などを引いて、いくら頭金にまわせるか計算します。その上で、総額の目安を導き出してみてください。

住宅ローンは、定年までに完済する計画で考えます。現在の年齢と定年の年齢の差から、何年間ローンを支払えるかを計算します。そして、毎月支払える額を基にローンで支払える総額を考えます。
「頭金で支払える額+ローンで支払える総額」が予算上限と考え、頭金の割合から適切な予算を決めると良いでしょう。

相場より安く注文住宅を建てるコツ

なるべく費用を節約したい場合は、いくつかの工夫をすることで、相場より安く家を建てられます。
設備のグレードを下げると費用は節約できます。ただ安いものを使うのではなく、重要なところとそうでないところにメリハリをつけると満足度の高い家を建てられるでしょう。

シンプルなデザイン設計にするのも費用を抑えるのに有効です。複雑に入り組んだ設計ではなく、正方形の方が安くすみます。また、部屋数が少ないと壁が少なくなり、安くなります。
さらに、出来る限り水回りを一箇所に集中させることで配管工事費を安くすることもできます。
全体的に平均的なものを選ぶのも一つの手。グレードの高いものを入れなければ安く仕上げられます。

注文住宅の相場を知って最適な予算で家づくりを楽しもう!

内装にこだわりたいなら、3,000万円以上が建設費の相場です。こだわりたい場所と抑える場所を決めることで、建設費は安くできます。
予算を考えることで暮らしをデザインしていくのも注文住宅の楽しみの一つと言えるでしょう。

山口県の注文住宅 FC住宅ピックアップ3選

10年連続で
キッズデザイン賞受賞

株式会社イワナミ
(アイフルホーム)

「森林認証」を受けた製剤と
PEFC認定メーカー

サンライズ株式会社
(クレバリーホーム)

木の風合いを十分に
活かした信頼の木造住宅

トウゴー建設
(ロイヤルハウス)