収納が少ない玄関スペース

玄関は、外から見えやすい場所でもあり、他人が入ってくることも多い場所です。
注文住宅を作るなら、後悔のない玄関を作りたいです。ここでは、玄関スペースにありがちな失敗事例と対策のポイントをご紹介します。

収納が少ない玄関スペースは後悔の元

玄関の収納が少ないことも、よく聞く注文住宅の失敗例です。玄関は、家の中と外をつなぐ場所であり、外から帰ってきたときに真っ先に目にする場所。その玄関の使い勝手が良いと家に帰る足取りも軽くなるでしょう。

玄関スペースの失敗例は、「子供が増えて靴が溢れかえるようになった」「傘を収納するスペースがない」「コートをかける場所を作ればよかった」という声が多いようです。

一方で、「収納を作りすぎて圧迫感がある」という後悔もあります。玄関の収納を大きくしすぎると他の部屋が狭くなるなどの影響がでることも。

玄関の収納スペースは、バランスを見極めることがポイントです。

注文住宅の玄関収納はどのタイプを選ぶかがポイント

玄関スペースには、土間の部分であるタタキと、廊下になる玄関ホールの2つのスペースが存在しています。玄関の収納を考える際は、「玄関ホールに置くタイプ」「タタキに置くタイプ」「玄関ホールとタタキにまたいで置くタイプ」のどれを選ぶかがポイントになります。
タイプによって、玄関の印象も使い勝手も大きく違うので、実際の動作などをイメージして選んでください。

収納の高さによっても、印象は大きく変わります。小物を置くスペースがほしいか、傘はどこに置くか、ブーツはどこに収納するかなど、細かなこともイメージすると良いでしょう。

天井まである収納を設置するときは圧迫感が出やすいので、鏡を貼るのもおすすめです。飾り棚を設けても抜け感が出て、圧迫感が軽減されます。

タタキとホールの段差も重要ポイント。座って靴を履きたい場合は段差を大きくとって、その間を収納にする方法も賢い収納術です。

他人を呼びたくなる理想の玄関収納を設計しよう!

玄関をただの通り道と考えて収納を決めると、意外と不満が出てくる場所です。靴が散乱すると防犯上も良くありません。
しかし、収納が多すぎても持て余すことに。

仕事から帰ってきて玄関を開けた瞬間にほっとする玄関が理想的。バランスの良い収納を考えましょう。
そして、他人が来ることも忘れてはいけません。ぜひ、他人を呼びたくなるような理想の玄関収納を作ってください。

山口県の注文住宅 FC住宅ピックアップ3選

10年連続で
キッズデザイン賞受賞

株式会社イワナミ
(アイフルホーム)

「森林認証」を受けた製剤と
PEFC認定メーカー

サンライズ株式会社
(クレバリーホーム)

木の風合いを十分に
活かした信頼の木造住宅

トウゴー建設
(ロイヤルハウス)