想像と違った家の間取り

間取りは、ライフスタイルを形にする大切な要素。家の満足度を大きく左右しますので、失敗したくないですよね。ここでは、家作りの先輩たちが「想像と違った」と思った家の間取りの失敗事例と対策を紹介します。

間取りの失敗事例は収納に多い!

先輩たちの失敗談を調べると、間取りの失敗は、「収納のつくり」に対してがとても多い悩みです。その内容は、「収納したいものが入らない。」「入れてみると意外と狭くて収納しきれない。」「収納スペースの場所が不便。」など、図面では良いと思ったのに、実際に暮らしてみると想像した使い勝手と違っていたという声が多数あります。

収納の間取りを失敗すると、行きつく先は、散らかった部屋です。夢のマイホーム。きれいに整頓された部屋で、くつろげる家にしたいですよね。

成功した間取りの特徴とは?

成功した間取りの特徴は、収納が適材適所にあり、スペースが丁度良いことが挙げられます。
生活の導線を考えて、家族が各自片付けやすい配置になっていると、生活の満足度が上がります。扉の開け閉めの方向も意外と重要です。

間取りに失敗しないために生活をイメージしよう!

間取りに失敗しないためには、図面から実際の生活をイメージすることが大切。坪数だけで考えず、幅や奥行きの長さを記入して、実際の家具や今の家の収納と比較してみることをオススメします。

広さに注目してしまい、意外と見落としがちになるのが高さです。広さは十分だったのに、高さが足りず、入れたい物が入らないということも。
特にデッドスペースを活用する際は、高さが不足しやすいので注意してください。

また、使う場所と収納場所が近い距離にあるかどうかもチェックしてください。
少しの手間でもそれが重なると、生活をしていく中でストレスになってしまいます。扉のタイプは引き戸や開き戸、折り戸などがありますが、周辺に置く物とのバランスで使いやすいかどうかもポイント。

収納を開くたびに何かを移動する必要があると、収納が面倒になり、部屋に放置してしまいやすくなります。
スムーズに取り出せて、戻すときに苦のない収納を目指しましょう。

収納の満足度を上げるにはプロに相談する!

はじめての家作りでは、家族だけで間取りを考えても気が付かないことが多く、住み始めてから後悔しやすいものです。

他の家の間取りもたくさん見て、参考にするとイメージしやすいでしょう。
また、設計の担当者と十分コミュニケーションをとり相談しながら間取りを決めるのがコツです。

間取りを考えるのは、最も夢が膨らむ作業かもしれません。
楽しみながら、現実的な間取りを決めてください。

山口県の注文住宅 FC住宅ピックアップ3選

10年連続で
キッズデザイン賞受賞

株式会社イワナミ
(アイフルホーム)

「森林認証」を受けた製剤と
PEFC認定メーカー

サンライズ株式会社
(クレバリーホーム)

木の風合いを十分に
活かした信頼の木造住宅

トウゴー建設
(ロイヤルハウス)