「今」だけで考えた子供部屋

注文住宅の子供部屋は、なんとなく作ってしまう人が多い場所です。しかし、後になって大きな後悔につながりかねませんので、しっかりと検討する必要があります。

ここでは、子供部屋の失敗例と設計のポイントをお伝えします。

子供部屋の失敗は「今」だけを考えることで起きる

子供部屋の失敗例は、「予定外に子供が増えた」「子供が成長したら狭かった」「子供が部屋の内装を嫌がる」というように、その時は良くても、後から困ったことになるというものです。

注文住宅を建てるときは、「今」の生活を基準に考えてしまいがちです。子供が小さい時に家を建てるなら、その子の今の年齢に合わせてしまわないように注意してください。

子供は年齢によって必要な部屋の広さが変わるので、変化に対応できるように作っておくと後悔しないでしょう。

小さい頃は部屋を持つ必要がありませんが、小学校に上がると勉強部屋が必要になります。やがて、趣味や部活動に打ち込むようになり、部屋で過ごす時間が増えます。

このような子供の成長に合う子供部屋が良い子供部屋です。

将来を見越して余裕のある間取りにしておく

予定がなくても、もしかすると子供が増えるかもしれません。子供が小さい時は、客間や荷物置き用に余裕をもった部屋数を用意しておくと、将来、子供部屋に使えます。
また、少し広めにしておくと、間仕切りを活用して部屋数を増やすこともできます。

子供が成長してから、勉強机を置いたりベッドを置いたり服などの荷物が増えたりすることを想定して、十分な収納を作っておくのがオススメです。
子供の頃にあわせて可愛い壁紙などで内装してしまうと、子供が成長してから嫌がるかもしれません。シンプルな壁紙で明るい色味を選ぶのが無難でしょう。

まだ成長中の子供部屋は、配置も重要です。親との距離感やコミュニケーショの取りやすさなど、十分に検討して決めてください。

注文住宅の子供部屋は今だけを考えず成長を見通した計画を!

子供部屋は今だけを考えず、将来のことを見通して計画してください。子供部屋の失敗は、すぐには分からず、子供が成長すると露呈します。
柔軟に変化できるように作っておくと安心です。

子供部屋は、明るくて安全なのが何より大切。健やかな成長を後押しできる部屋を設計しましょう。

山口県の注文住宅 FC住宅ピックアップ3選

全国統一価格による
価格明示システム

株式会社イワナミ
(アイフルホーム)

「森林認証」を受けた製剤と
PEFC認定メーカー

サンライズ株式会社
(クレバリーホーム)

木の風合いを十分に
活かした信頼の木造住宅

トウゴー建設
(ロイヤルハウス)