建築工法の種類

建築工法の種類と違い

住宅を建てる際に用いられる工法の種類について紹介しています。

木造軸組工法

日本にある住宅のほとんどで採用されている建築方法です。寺社仏閣などでも取りれられることがあり、「在来工法」とも呼ばれています。
木材だけで建てられているのが特徴で、柱と梁を多用することで住宅の耐震性を高めています。
柱や梁、壁などを設ける箇所によって間取りが決められるので、さまざまな間取りに設計することができます。
住宅の内装にこだわりを持っている方、部屋の間取りに強い希望がある方に向いているでしょう。
木材は調湿性、断熱性が高いため、季節に応じて気温が変化しやすい日本の気候風土に適しています。
気温差に敏感な方や湿気が気になる方にも適している工法といえるでしょう。

鉄骨工法

鉄骨を使用した建築方法を指します。一般的な住宅で用いられているのは、厚さ6mm未満の合板を用いて造られる鉄骨を使った「軽量鉄骨造」がほとんどです。柱や梁などで骨組み作って家を建てていく方法は木造軸組工法とほとんど変わりません。
家づくりに使用する鉄骨は工場で製品化されているため、産地や気候などに質が左右されやすい木材とは違い、安定した質の部材で家が建てられます。
鉄骨を使用することで柱や梁などの使用を抑えることもできるので、リビングを大きく取りたい、吹き抜けを作りたいといったように、大きな空間を希望する施主に向いているでしょう。
厚さ6mm以上の鉄骨を用いた工法は「重量鉄骨造」と呼ばれています。主にマンションやビル建設に使用されることが多い工法ですが、二世帯住宅やオフィスと併用している住宅などに用いられることもある工法です。

鉄筋コンクリート(RC)造

鉄筋で骨組みを造り、型枠で囲った状態でコンクリートを流し込んで家を建てていく工法です。この工法は一戸建てからビル建設まで幅広く採り入れられている工法で、頑丈な住宅を建てたい方に向いています。
鉄骨をコンクリートで覆う形になるため、鉄骨が外気や雨風にされされることがほとんどなく、劣化を抑えることができるのが特徴です。
また木材を使用するよりも耐火性にすぐれています。

山口県の注文住宅 FC住宅ピックアップ3選

10年連続で
キッズデザイン賞受賞

株式会社イワナミ
(アイフルホーム)

「森林認証」を受けた製剤と
PEFC認定メーカー

ネクストライ
(クレバリーホーム)

木の風合いを十分に
活かした信頼の木造住宅

トウゴー建設
(ロイヤルハウス)