使い勝手の悪いキッチン

キッチンは、生活する中で不満がでやすい場所です。せっかく注文住宅を建てるなら、キッチンも使う人が楽しく料理できる場所にしたいものですよね。ここでは、キッチンの失敗例と成功のポイントをご紹介します。

キッチンの失敗は使い勝手の悪

キッチンの失敗は、使い勝手の悪さに集約されます。

  • スペースが狭くて、料理をしていてイライラする。
  • 調理の導線がスマートにならず、無駄な動きが必要になってしまう。
  • 既製品のシステムキッチンにしたところ、身長が合わなくて使いにくい。
  • 収納が少ない。
  • アイランドキッチンにしたら、周りに収納スペースがなく、使いにくかった。

このような失敗の声が良く聞かれます。

キッチンは、使う人が決まっている家庭が多いのではないでしょうか。その場合、実際に使う人しか使い勝手が分からないのが、失敗を招きやすい要素です。使い方にも人それぞれ好みがあるので、良かれと思って作ったキッチンが、実は使い勝手が悪かったというケースも。

また、リビングを広く確保するために、キッチンスペースが狭くなってしまう場合もあります。

コンロをガスにするかIHにするかも、大きな分かれ道になるでしょう。

成功のポイントは使い勝手をイメージすること

不満がないキッチンを作れた人は事前にモデルルームをいくつも見に行くなど、情報収集してしっかり検証してイメージを作れた人のようです。事前のリサーチが大切です。

キッチンの成功ポイントは、実際に使うシーンをイメージして使い勝手の良いキッチンを作ることです。
収納は、取り出しやすさに気を付けてください。

システムキッチンは、I型とL型のどちらにするかで、使い勝手が大きく変わります。人気の対面キッチンも、壁をどこまで作るかによって、収納スペースも違いが出ます。コンロの前だけ壁にしてシンクの前を開けると油の飛びを抑えられるので人気のスタイルです。

他にも、食器棚の位置や包丁を使う場所、コンロの場所の導線が使いやすいキッチンを意識すると良いでしょう。

家族の食につながる大切なキッチンは使う人の意見を聞く

キッチンを使う人は、家族の食事を用意する人です。
長い時間を過ごすことになるので、キッチンの使い勝手の良さは料理へのモチベーションにつながる重要な要素。そして、おいしいご飯につながる場所です。

使う人の意見を取り入れて、使い勝手の良いキッチンを作りましょう。

山口県の注文住宅 FC住宅ピックアップ3選

全国統一価格による
価格明示システム

株式会社イワナミ
(アイフルホーム)

「森林認証」を受けた製剤と
PEFC認定メーカー

サンライズ株式会社
(クレバリーホーム)

木の風合いを十分に
活かした信頼の木造住宅

トウゴー建設
(ロイヤルハウス)